主要メーカー在庫揃えています。大量発注も承ります。お気軽におといあわせください。

「墜落制止用器具」を購入の仕方。

1.ハーネスを本体を選ぶ

パッとみただけでは違いはわかりにくいですが、安全性能の基準がかなり厳しくなっているため、これまで以上に安全性が向上しています。まず、商品の品番と商品名が「墜落制止用器具」となっていれば、新規格のフルハーネスに間違いありません。

2.専用ランヤードを選ぶ

ランヤードとはハーネスまたは胴ベルトに取り付けられる命綱のことです。ランヤードはロープ式・ストラップ式・巻取式の3つに大きく分けることができます。

巻取式の中でも、シートベルトのように急激な力がかかるとロックがかかる「ロック式」が最も安全性が高いと言われています

安全帯の最も大事な部分になりますので使用前には点検を行い、損傷があればすぐに交換するようにしましょう。

また、損傷が見当たらない場合も使用開始から約2年を目安に交換することが推奨されています。

3.安全帯ベルトを選ぶ

ハーネスを胴当てと一緒に固定する役割をする安全帯ベルト。道具をぶら下げたりもできるため、加重に耐えられる商品か、手袋をしたままベルトの着脱が簡単にできるかが選択のポイント!

4.胴当てを選ぶ

ハーネスを固定し、かつハーネスの荷重分散を助ける重要な役割をもってます。装備重量も腰で支えるようにしてくるため、作業のしやすさも助けてくれるます。

5.アクセサリーを選ぶ

ハーネスに装着できる様々なアイテムが販売されています。

※現行の安全帯は2022年には使用できません。また、使用期限についてはものにより2,3年で、新規格においては未使用でも製造日より7年経過したものは使用できません。